​鍼の治療効果について

解 説
​Commentary

​適応例

NIH(アメリカ国立衛生研究所)は、鍼療法の各種疾患に対する効果とその科学的根拠を調査した結果、“鍼療法が西洋医学の代替治療として有効である”と結論付けました。このように、各関連機関の研究努力も実り、近年鍼療法は世界的にも一定の科学的評価を得るようになりました。


公益社団法人 日本鍼灸師会がホームページ上で定める鍼灸療法の適応例として、以下のものがあります。


【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧症・低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪およびその予防
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・扁桃炎
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

これら全ての疾患に対し鍼が効果的かと問われると、さすがに限界があると思われますが、当院では少なくとも以下の症状に対する有効性を患者さまにお伝えしております。

※各症状とも必ず専門の医療機関を先に受診されることをお勧めします。


【頭と目、顔の症状】

頭痛、偏頭痛、耳鳴り、疲れ目、目の充血、鼻水、鼻詰まり、歯痛、歯のうき…等


【首、肩、腕、背中の疲れ】

首のこり、五十肩、関節痛、寝違い、肩こり、背中のはり、腕のだるさ…等


【足と腰の疲れ】

腰痛、ギックリ腰、足のむくみ、膝の痛み、こむら返り、足のしびれ、足の疲れ…等


【内臓の疲れ】

胃のもたれ、食欲不振、胃酸過多症、高血圧症、低血圧症、吐き気、下痢、便秘…等


【婦人科系の症状】

生理痛、冷え性、貧血、月経困難、更年期障害、逆子…等


【心の疲れ】

イライラ、めまい、不眠、動悸、神経症…等

もちろん患者さまの体質や症状の程度により有効性は変化しますし、状況によっては鍼治療そのものをお断りさせていただく場合もございます。まずはお気軽にご相談いただければと思います。

​なぜ鍼が効くのか?

鍼の治療効果に関する研究は、各地にある研究所や医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進められております。諸説ある中、総合的には以下のようなメカニズムで考えられています。

鍼刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用

  中枢性および反射性の筋緊張の緩和、血液およびリンパ液循環の改善

 生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)を高める

また、古来より認められている鎮痛効果の解明に関しましても、次のように考えられています。

① ゲートコントロール説…鍼刺激が脊髄において痛みを抑制する。
② エンドルフィン説…鍼刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
③ 末梢神経の遮断効果説…鍼刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
④ 経穴(ツボ)の鍼刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。
⑤ 筋肉の緊張をゆるめ血行状態を改善し、患部の新陳代謝を高める。

 

特に⑤の筋肉の緊張をゆるめる効果に関しては即効性が期待できますし、実際、1回の鍼治療だけで完治される症例もございます。当院ではパルス療法(電気鍼)を積極的に採用し、通常の電気治療やマッサージだけではほぐしきれない、深層部に潜む“痛みの根源”をターゲットに治療させていただきます。

​神戸市兵庫区下沢通6-2-15

​​各種外傷|肩こり|腰痛|交通事故

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+