​小児鍼について

解 説
​Commentary

​適応例

◎夜泣き◎かんむし◎奇声◎いらだち◎消化不良(食欲不振、吐乳、下痢、便秘)

◎鼻カタル(鼻水、鼻詰まり)◎不眠◎夜尿◎咬み癖◎小児喘息◎虚弱体質...等

​小児鍼のすすめ(解説用リーフレットより抜粋)

​一般的に鍼灸治療は、その刺激のイメージから成人向きであるというように考えられがちです。しかし関西(特に大阪市内)の一部地域においては、子供のちょっとした病気は『鍼』で治すという習慣が昔から存在します。当院ではお子様をお持ちの皆さんが、小児鍼の治療を充分理解された上で、これを活用されることをお勧めしております。

小児鍼の技法はいろいろありますが、当院の治療方法は専用の鍼を皮膚に軽く触れさせるだけの技法です。軽刺激で痛みを感じず、むしろ快感を覚えるほどで、治療中に眠り込んでしまうお子様もおられます。また、体に傷がつきませんので治療直後でも入浴可能です。

 

○ 小児鍼の治療の実際

症状によって、また体質によって個人差はありますが、少なくとも3回~6回の治療で各症状が軽快します。3回~6回を1サイクルと考え、毎月これを繰り返すことにより健康な状態を維持することが出来ます。

 

○ 小児鍼の適応年齢と効能

小児鍼の対象となるのは、生後5~6ヶ月(首が据わった頃)から4~5才位までの子供さまです。関西地方で俗に『疳虫 (かんむし)』と称されるのが最適応症です。

※疳虫とは

俗に『かん高い』とか『かんが強い』と言われているものであって、小児が異常に興奮しやすくなっている状態であり、不機嫌、いらだち、ちょっとした物音に驚く、寝ている時にうす目をあけている、奇声(かん高い声)をあげる、行動が粗暴になるなどといった症状を呈します。また、疳虫症状が重度の子供は、顔色が一般的に青白く、目つきが鋭くなり、目尻、額に青筋(静脈)が現れ、眼瞼のただれ、外鼻孔、鼻下の発赤が現れます。この他に異味症と言って壁土、ゴミ等を食べたり、爪を噛んだり、ふやけるほど指を啜ったりするものもあります。このような状態を関西では一見して「この子供さんは疳が出ていますよ。」と言います。このような状態になりますと子供は風邪をひきやすく、首のリンパ腺・扁桃腺をよく腫らす傾向にあります。食欲は不振となり、乳を吐いたり下痢症状を呈したりもします。何かの拍子で熱を出しますと「引きつけ」を起こす子供もあります。

 

○ 疳虫の主な原因

乳幼児期特有の『精神と身体が急速に発育するために生じる心身のアンバランス』が誘因となって起きる神経症と考えられています。すなわち、行動意欲はあるのに体が動かない、何か欲しいのに言葉が不充分でそれを訴えることが出来ない等といった、不満やもどかしさが一種の精神的興奮を誘発するのです。また、大脳の発育が不充分なため新しい刺激の感受が整理できず、そのために情緒が不安定になることも大きな原因といわれています。

 

小児鍼はそれを経験したものでなければ理解できないほどよく効きます。大変簡単な方法でこんなに効くのは何故なのでしょうか?医学博士の藤井秀二氏は精密な実験的研究の結果から「皮膚に与えた接触刺激が自律神経のアンバランスを調整して、疳虫症状のようなものに優れた効果を現すのであろう。」と述べています。

更にこうも考えられます。子供の大脳の発育は未熟です。その上、急激な発育を遂げるために情緒は不安定となり、自律神経系統にもそれが影響すると云うのが子供の生理の特性です。そんな時、小児鍼のような心地よい皮膚刺激がリラックス効果をもたらし、脳の興奮を鎮静化させるのでしょう。

また、アメリカのマグーンという学者は、中脳の網様体という中枢が眠りと目覚めを調節すると述べています。子供の夜泣きはこの中枢の乱れが原因だと言われますが、小児鍼はここに作用するのだとも考えられています。

 

以上、簡単に小児鍼について説明した訳ですが、この治療が充分に活用されるならば、日本の子供の健康水準はずっと良くなるものと確信します。

​治療費

初診:1,500円

2回目以降:1,000円

※治療ご希望の方は、電話または窓口にて直接お申し込み下さい。​

​※治療時間は10分程度です。

​神戸市兵庫区下沢通6-2-15

​​各種外傷|肩こり|腰痛|交通事故

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+